なぜ入手可能なの?|面倒くさい!不安!フィラリア予防薬を自宅から購入しよう

面倒くさい!不安!フィラリア予防薬を自宅から購入しよう

薬瓶を持っている女性の手元

なぜ入手可能なの?

コップと薬を持っている手元

最近人気が出てきている個人輸入代行ですが、本当に安全なのか不安に思う方もいるでしょう。
なぜ、病院で診察を受け、処方してもらうことで入手可能な薬を手に入れることができるのか、疑問に思いますよね。

日本では厚生労働省が安全と認めた薬のみが販売可能となっています。
なので、フィラリア予防薬や副作用が伴う薬は病院で処方箋をもらうか、薬剤師が在籍しているドラックストアでのみ購入することが認められています。
しかし、海外では法律が緩いので日本で買うことのできない薬でもドラッグストアで販売している可能性があるのです。
国内では海外医薬品を個人で直接購入することは認められています。つまり、日本では手に入らない薬でも海外で販売されているものなら海外から欲しい薬を手に入れることが可能なのです。

海外から直接購入する場合、直接メーカーに問い合わせる必要があるので、その国の言語で会話する事になりますよね。
英語だけではなく、中国語、韓国語、いろいろな言語があるので直接コミュニケーションをとるのはとても難しいです。
そこで利用するのが個人輸入代行ですが、自由に購入できるわけではなく、いくつか決まりがあります。

輸入する際は、ドラックストア等で販売されているのと同様に箱単位で購入する必要があります。あくまでも販売されている形ですね。
また、二ヶ月未満の数量のみ注文することが許されています。
この二つを守ることで安心して個人輸入代行を利用することができるのです。